信長の野望天道攻略サイト

城  パワーアップキットの批評  城

はじめに

このパワーアップキットの批評は、まだ天道パワーアップキットをプレーしたことがない方のために、ゲームの概要と個人的な批評を紹介したものです。

購入の参考になさる方は、人によって違った楽しみ方、違った評価があることを理解した上で、お読みください。天道をプレーしたことがない方は、「批評(レビュー)」もお読みになることをおすすめします。

批評(レビュー)

天道パワーアップキットで追加された内容は、「シナリオ」「武将」「文化」「データ編集」「AI編集」などです。コーエーは「文化」と「AI編集」を強くアピールしているようですが、実際にプレーしてみて最も嬉しかったのは、珍しいシナリオが追加されたことでした。

戦国時代を題材とした作品は、ゲームでもドラマでも信長や信玄の時代からスタートするのが大半でしたが、天道パワーアップキットでは、その親の世代である1534年からプレーできます。武将も無印版(通常版)から120人も追加されていますし、土岐家、小笠原家、本山家という新たな大名も登場しています。今まで知らなかった武将を操作できるのは、マニアの人ほど嬉しいと思います。戦国時代末期を収録した革新との差別化も図れています。

パワーアップキットの売りであった文化ですが、実際にプレーしてみると、思った以上に使い勝手が悪いです。文化を上げることで、外交や内政、軍事施設など、技術以上に様々な効果が得られるのですが、それを得るために犠牲にした収入や兵力に見合った効果は得られません。つまり、不要ということです。序盤で文化を重視すると、史実の大内家のように衰退するのが確実であるため、結局のところ、大勢が決した中盤以降でしか使う機会はありません。アイデア自体は悪くないため、製作側の調整不足が残念でなりません。

ただ、文化の1つである教練だけは、実行するだけの価値があります。この教練のおかげで、天道や革新に欠けていた育成要素が加わりました。安全地帯で忠誠が上がるのをひたすら待っていた武将にも、パワーアップキットでは育成という重要な任務を与えることができます。

もうひとつの売りであったAI編集ですが、期待ほどの効果は得られません。各国に攻める勢力や重視する技術などを指定できますが、AI自体の思考力が低いので、どうやっても史実通りの展開に進めさせることはできません。せいぜい特定の兵科にそろえさせる程度の効果です。

その他ですが、ゲーム開始時に勢力の位置や不参加を変更できる「勢力選択」、状況によって複数の大名が合併する「大連合」、三カ国以上が交戦する「混戦」、合戦前の編成で兵科や兵数を一括して決めるコマンド、収入などの増えやすさの調整、などが加わりました。あまりにもゲーム的な発想である「大連合」は個人的に不要だと思うのですが、もちろん「なし」に設定することができるので、全く問題はありません。

総合的に見て、当初の期待ほどはパワーアップしていませんが、改悪になるような変化も全くありません。それほどお金をかけたくないという方には無印版で十分だと思いますが、天道をやり込みたいという方には難易度や遊び方を自由に調整できるパワーアップキットをおすすめします。

- おすすめ度 -
★★★★★


おすすめソフト

信長の野望革新   おすすめ度★★★★☆  (攻略サイトあり)
信長の野望天下創世 おすすめ度★★★★★  (攻略サイトあり)
信長の野望天道の攻略内容

批評(レビュー)

パワーアップキットの批評

みんなの評価(withPK版)

みんなの評価(無印版)

革新との違い

ゲームの流れ

シナリオ

全兵科の特徴

軍勢と陣形

戦法一覧

内政施設一覧

軍事施設と城

技術一覧

文化一覧

大名間の相性

おすすめ大名(低難易度)

おすすめ大名(高難易度)

マニアックプレー

強力な戦法を持つ武将

姫武将の能力一覧

教練向きの武将

教練後能力ベスト5

どの兵科が最強か

戦法威力の検証

内政攻略法

街道攻略法

合戦攻略法

支城・軍事施設攻略法

裏技・小技集

登録武将の作成例